ネイルケア

ネイルケアの画像

美しい手元をキープするために不可欠なネイルケア。オシャレなネイルアートも、土台となる自爪が痛んでいれば仕上がりも持ちもイマイチになってしまいます。マッサージや甘皮の処理を日ごろから行い、健やかな爪を保ちましょう。自宅でもネイルケアはできますが、より手軽にキレイになるためには爪のプロであるネイリストにお任せするのがおすすめです。キレイ会議でネイルケアができるサロンを調べてみましょう。

  • ネイルケアとは
    ふと、手が美しい人にハッとすることはありませんか?日常生活でもビジネスの場でも、人は想像以上に他人の手を見ています。実は、変化がないように見えても知らず知らずのうちに角質やくすみは溜まっています。ネイルにこだわっているならなおさら、あなたの手は注目を浴びているはず。普段からのお手入れにも気を遣ってみましょう。一度ネイルケアをすると、見違えるようにキレイになった自分の手に驚くはずです。
  • なぜネイルサロンでのケアがいいの?
    自宅でハンドケアを行う人の多くは、ハンドクリームを塗り、マッサージをする程度ではないでしょうか。サロンで受けられるネイルケアでは、保湿だけでなく溜まった老廃物を細かく除去します。いくら肌を潤しても、くすみがそのままではキレイな手に近づけません。ネイルサロンの中にはネイルケア単体のメニューを置いたサロンもあります。普段はネイルアートをしない方も、一度利用してみてはいかがでしょうか。
  • 男性の利用者も増えています
    「ネイルは女性の楽しみ」というイメージが世間では強い傾向にありますが、実はネイルケアのためにネイルサロンへ行く男性の方も増えています。営業や接客など、手元を見せることが多い職種の方にとって、指先の手入れは身だしなみの一環として欠かせないことだからです。最近は、メンズ用メニューを置くサロンや、メンズ専門のサロンも新しくオープンしています。男女関係なく、体の先まで手入れが行き届いている人は素敵ですね。
  • 健康な爪でトラブル知らずに!
    普段ネイルを塗らない人にとっても、ネイルケアにはメリットがあります。それは、指先周りのトラブルを予防できること。ネイルのお手入れはささくれや二枚爪、深爪、巻き爪の予防になります。手がキレイな人は「きちんとしている」と好印象。お肌やファッションと同じで、指先がピカピカになるだけで気分が上がり自信もつきますよ。指先をケアすることは、心も体も健やかに保つことにつながるのです。

ネイルケアの施術の流れ

ネイルケアの施術を受ける前に、カラーやデザインなどのイメージをあらかじめ考えておくと施術がスムーズに進みます。思いつかない場合は、サロンスタッフにアドバイスを求めるといいでしょう。

※サロンやメニューによって施術内容や流れが違います。詳しい施術内容や流れは各サロンにお問い合わせください。

  • 1.手先消毒
    消毒用のエタノールを含ませたコットンで、丁寧に手を拭きます。
  • 2.ポリッシュオフ
    コットンにポリッシュリムーバーを含ませ、爪をふき取ります。
  • 3.カウンセリング
    爪の健康状態を確認します。
  • 4.ファイリング
    エメリーボードを使って、爪の形を整えます。
  • 5.キューティクルクリーン
    ポリッシュリムーバーとメタルプッシャー又はウッドスティックを使って、角質を取り除きます。
  • 6.カラーリング
    表面の油分をエタノールでふき取り、ベースコート・カラーポリッシュ・トップコートを塗る。

ログイン

パスワードをお忘れの方

登録されたメールアドレスへ
仮パスワードを送信しました。

再ログイン後、MYページでパスワードの再設定を行ってください。

入力されたメールアドレスへ
サロン情報を送信しました。