ネイルチップ

ネイルチップの画像

気軽に取り外しができるネイルチップは、自爪につける「付け爪」タイプのネイルです。気軽に付け替えができるので、平日はシンプル派、週末は個性派などシーンに合わせて選べるメリットがあります。市販されているものもありますが、ネイルサロンでは自分の爪の形に合わせて成型したオリジナルのネイルを作ることができます。ネイルチップメニューがあるネイルサロンを知りたいなら、キレイ会議で簡単検索!オシャレを楽しみましょう。

  • ネイルチップとは
    ネイルチップはあらかじめ作って保管できることが長所。忙しくて定期的にサロンに行く余裕がない人や、時間を節約したい方にピッタリです。オフも簡単にできるので、急にネイルを取らなければならない時も安心。単色塗りやフレンチ、クリアカラーなど定番のデザインはストックしておいて、気分に合わせて付け替えを楽しみましょう。両面テープで接着する場合は強度が弱まることもあるので、予備のテープを携帯するのがおすすめ。
  • どんな人に向いているの?
    気軽にネイルを楽しめるネイルチップ。おすすめしたいのはズバリ「欲張りさん」です。同じネイルを毎日つけたくない人にとって、すぐ付け替えられるネイルチップは理想的。また、マニキュアが乾く時間やサロンの待ち時間にストレスを感じる人にも向いています。ネイルチップは一度作ってしまえばネイルサロンに行く必要もありません。自分の性格に合わせて一番続けやすいものを選びましょう。
  • 人気はやっぱり王道系
    人気のネイルチップは普段使いできる「王道系」。色はヌーディカラーやピンク、ホワイト。柄はドット、フレンチ、花柄などシーンを問わず万人受けするものが主流です。ネイルチップは何年も長く使えるので、時代を選ばない定番のデザインが支持されているのでしょう。ネイルサロンでは要望に合わせてネイリストがオリジナルのネイルチップを作成してもらえるので、お気に入りのデザインはオーダーメイドがおすすめです。
  • お色直しにはチップネイルが活躍!
    結婚式の定番、お色直しではチップネイルが役に立ちます。ジェルやマニキュアは塗りなおしに時間がかかるため、式の最後まで同じデザインにならざるをえません。しかし、チップネイルはすぐに付け替えられるので、純白のウェディングドレスにはホワイト、お色直しのドレスには鮮やかなカラーというように「ネイルのお色直し」ができるのです。式の途中ではがれないよう、接着はシールでなくグルーを使うと良いでしょう。

ネイルチップの施術の流れ

ネイルチップの施術を受ける前に、カラーやデザインなどのイメージをあらかじめ考えておくと施術がスムーズに進みます。思いつかない場合は、サロンスタッフにアドバイスを求めるといいでしょう。

※サロンやメニューによって施術内容や流れが違います。詳しい施術内容や流れは各サロンにお問い合わせください。

  • 1.ネイルチップを地爪に乗せる
    サイズに合うネイルチップを作ります。
  • 2.ネイルチップを自爪に合わせてファイルで削る
    一気に削ると取り返しがつかないので、爪に合わせて少しずつ削ります。
  • 3.自爪を整える
    自爪は短めに切っておきます。
  • 4.手をよく洗ってアルコールかリムーバーで爪を拭く
    しっかり接着するように、油分や水分を取り除きます。
  • 5.自爪のサイズに合った両面テープを選び、爪に貼る
    爪にしっかりフィットするように乗せましょう。
  • 6.ネイルチップを付けて、強く押さえる
    力が強すぎると欠けてしまうので注意。
  • 7.完成!1〜2時間はそっとしておく
    時間を置くと、粘着力が増します。つけ始めはなるべく触らないようにしましょう。

ログイン

パスワードをお忘れの方

登録されたメールアドレスへ
仮パスワードを送信しました。

再ログイン後、MYページでパスワードの再設定を行ってください。

入力されたメールアドレスへ
サロン情報を送信しました。