ネイルアート

ネイルアートの画像

ネイルカラーの上に広がる鮮やかなネイルアートは、見ているだけでテンションが上がります。フレンチ、ボーダー、グラデーション、マーブル、チェック、ドット・・・カタログを眺めているとどれにしようかついつい迷ってしまいますね。キレイ会議では、ネイル雑誌のようにバリエーション豊富なネイルアートを見ることができます。お気に入りのデザインを見つけたら、早速サロンにGO!

  • ネイルアートとは
    ネイルアートはジェルでできた人工爪に施したネイルデザインのこと。爪をキャンバスに見立て、さまざまなテクニックで自由にセンスを表現することができます。基本的にはネイルカラーを用いて絵や柄を描き、アクセントとしてパールやストーン、スタッズで装飾をします。シンプルな単色塗りから立体的なデザインまでバリエーションは幅広く、ネイリストの数だけアイデアがあるといっても過言ではありません。
  • セルフネイルでネイルアートは可能?
    ネイルアートは道具が揃っていれば誰でもできます。しかし、自分の爪にネイルアートを施そうとするとシンプルなデザインに落ち着いてしまいがちです。理由は、左右対称にデザインを描きたくても、利き手とそうでない手では難易度に差ががあるから。また、複雑なは複数のネイルカラーや装飾部品を必要とするため、コストも高くなります。ネイルアートを楽しみたいなら、ネイルサロンでネイリストにお願いするのがオススメです。
  • メタリックカラーでシックな雰囲気
    ラメやホログラム、パールなどとは異なる独特のキラキラした発色が特徴の「メタリックカラー」。メタリックカラーは派手なイメージがありますが、カラーバリエーションは流行に合わせて広がりを見せつつあります。存在感をアピールする色味から上品でシックな印象を与える色味までカラーはさまざま。実は、クール系、セクシー系、ガーリー系など、どの系統にもピッタリです。
  • パーティドレスに合う華やかデザイン
    結婚式の披露宴、2次会などドレスを着るシーンでは、華のあるキラキラアートをネイルに添えましょう。たとえばビジューネイル。ストーンやパール、スワロフスキーを組み合わせて、まるで宝石のようなラグジュアリー感を演出することができます。存在感があるので、全ての指ではなく1本だけアクセントに施すのがポイントです。また、カジュアルなパーティならリボンもオススメ。シールやモチーフで指先を華やかに飾りましょう。

ネイルアートの施術の流れ

ネイルアートの施術を受ける前に、カラーやデザインなどのイメージをあらかじめ考えておくと施術がスムーズに進みます。思いつかない場合は、サロンスタッフにアドバイスを求めるといいでしょう。

※サロンやメニューによって施術内容や流れが違います。詳しい施術内容や流れは各サロンにお問い合わせください。

  • 1.甘皮・油分の処理
    下準備をきちんと行うことで、仕上がりに差がつきます。
  • 2.爪をファイルで削って整える
    好みの長さ、形に爪を整えます。
  • 3.クリアジェルの塗布・硬化
    UVライト、LEDライトで硬化させます。
  • 4.カラージェルの塗布
    気分やシーンに合わせて色をチョイス。
  • 5.ネイルアート
    ネイルカラー、スタッズやストーン、シール、ホログラムなどを組み合わせてオリジナルなデザインに仕上げます
  • 6.硬化・トップコート
    ネイルアートの上からトップコートを塗り、硬化させます。
  • 7.拭き取り
    専用のふき取り液で、未硬化のジェルを除きます。
  • 8.キューティクルオイル&ハンドマッサージ
    保湿をして、手と爪を健やかに保ちます。
  • 9.リペア
    2〜3週間後、お直しをします。

ログイン

パスワードをお忘れの方

登録されたメールアドレスへ
仮パスワードを送信しました。

再ログイン後、MYページでパスワードの再設定を行ってください。

入力されたメールアドレスへ
サロン情報を送信しました。