銀座は歴史をたどると江戸時代に建設された都市基盤が現在も使われています。明治時代に入ってからはいわゆる『下町』の代表格である浅草や上野と対比して、山の手に住む華族や財閥階級をターゲットにした高級小売店を中心として発展するようになりました。昭和に入って戦争が始まるといわゆる『ぜいたくは敵だ』という風潮に巻き込まれほとんどの店が閉店してしまいましたが、戦後には高層ビルが林立するようになりました。新宿や池袋、渋谷が発展し『若者の街』となり始めてからは現在も続く『高級繁華街』としての道を歩んでいます。東京都心であり3,000人程度しか住んでおらず、建物はほぼすべて小売店舗かビジネスビルとなっています。百貨店が集積していることが知られており、松屋・松坂屋・三越などの高級百貨店が駅のすぐ近くで営業しています。モザイク銀座阪急、ニューメルサなどファッション系の超大型店が数多く存在しています。

ログイン

パスワードをお忘れの方

登録されたメールアドレスへ
仮パスワードを送信しました。

再ログイン後、MYページでパスワードの再設定を行ってください。

入力されたメールアドレスへ
サロン情報を送信しました。