行徳駅は千葉県市川市南部の地名、行徳にある駅です。『行徳』と呼ばれる地域は海に面しているため、江戸時代には製塩や水運、漁業などで栄えた商人の町でした。その地名が未だに引き継がれていますが、現在では隣の市である浦安市の地価上昇にともなって再開発事業の対象となっています。しかし、昔ながらの伝統産業は途絶えていません。行徳南部の沿岸では海苔づくりと製塩が現在でも行われており、観光客向けに体験をすることもできるようになっています。かつては広大な干潟が広がっていましたが、埋め立てにより干潟の面積はずいぶん少なくなってしまいました。しかし、夏には潮干狩りが解禁されるため、隣接する海浜公園ではBBQや釣りを楽しむこともできます。ここは都心から最も近い潮干狩りができる場所です。捕ったばかりのアサリやニシ貝、アオヤギなどで作る味噌汁は格別です。

ログイン

パスワードをお忘れの方

登録されたメールアドレスへ
仮パスワードを送信しました。

再ログイン後、MYページでパスワードの再設定を行ってください。

入力されたメールアドレスへ
サロン情報を送信しました。